ヤヱガキ醗酵技研 YAEGAKI Biotechnology 着色料 研究開発

食品用着色料
研究開発

豊かな食生活に欠かせないもののひとつが、彩りです。
さまざまな食品に色彩を与え、おいしさを演出し、毎日の食卓を楽しい空間にするために。
ヤヱガキ醗酵技研では、紅麹菌を培養して得られたベニコウジ色素をはじめ、マリーゴールドやパプリカなど、植物由来の食品用着色料の開発を行っています。その数はおよそ400種類。
自然の恵みである多様な素材の特徴を活かすことにより、イメージに合わせた色の表現が可能です。

豊かな食生活に欠かせないもののひとつが、彩りです。
さまざまな食品に色彩を与え、おいしさを演出し、毎日の食卓を楽しい空間にするために。

ヤヱガキ醗酵技研では、紅麹菌を培養して得られたベニコウジ色素をはじめ、マリーゴールドやパプリカなど、植物由来の食品用着色料の開発を行っています。その数はおよそ400種類。

自然の恵みである多様な素材の特徴を活かすことにより、イメージに合わせた色の表現が可能です。

技術紹介

  • ヤヱガキ醗酵技研 YAEGAKI Biotechnology ベニコウジ色素

    ベニコウジ色素

    麹菌は、日本酒、味噌、醤油など日本の発酵食品には欠かせない素材として古くから使用されてきました。
    その中でも、赤色色素を生産する麹菌が紅麹菌。
    ヤヱガキ醗酵技研は、酒造りで培ってきた発酵技術を駆使し、紅麹菌の培養とベニコウジ色素の開発に成功。
    タンパク質への染着性に優れ、幅広い食品に利用されています。

  • ヤヱガキ醗酵技研 YAEGAKI Biotechnology 乳化技術

    乳化技術

    水と油をつなぐことを「乳化」といいます。
    ヤヱガキ醗酵技研では、水溶性の成分を油に溶かす技術、油に溶ける成分を水に分散させる技術、その両方を実現しています。
    乳化状態をコントロールすることにより、粒子が微細かつ分散状態を安定させることに成功。
    あらゆる食品に適した乳化色素製剤を提供しています。

  • ヤヱガキ醗酵技研 YAEGAKI Biotechnology 精製技術

    精製技術

    天然素材に含まれる有用物質を単離精製する独自の技術を開発。
    不純物を取り除くことによって、原料由来のにおいの低減と鮮明な色調を実現し、高純度の天然着色料を製造しています。

お問い合わせ

当社研究・製品へのご質問・ご依頼等、ご遠慮なくお問い合わせください。
担当者よりご対応いたします。